DNAには逆らえない

自分もアラフィフになってきて、実家で親の老々介護を手伝っています。

 

両親を見たり会話したりしていると、やっぱりこの二人の子供だよなと思います。

 

口癖、仕草、好きな食べ物など、どっちかと同じです。

 

自分単独の口癖、仕草、性格、趣味趣向はほぼ無いですね。

 

若い時に、その事が分っていたらもう少し人生楽に生きれたかなとも思います。

 

 

自分は長男なので、母型の性格、体質に似ています。

 

まぁ、職人肌なんですね。

 

なのに、サービス業に行ってしまった。

 

たらればですが、失敗したと後悔しています。

 

どこかで向いていないと思いながら我慢いて働いていました。

 

若い時にその事に気づいて、職人な仕事に就いていればストレスも軽減したかもしれない。

 

内向的な性格なのに、外向的要素が必要な仕事に就いてしまった。

 

すでに時遅し。

 

ただ、ここまで来たら割り切るしかない。

 

みんな、好きな仕事が出来てるわけでは無いですからね。

 

さぁ、明日も何とか乗り切るか!