つれづれくさ

日々の出来事、趣味などをユルく書きます

「ハンカチ王子」斎藤佑樹投手 引退について

ハンカチ王子こと日ハムの斎藤佑樹投手が現役引退を発表した。

 

彼を始めて見たのは2006年夏の甲子園、相手は大阪桐蔭高校で2年生スラッガーの後に同じ日ハムでプレイする中田翔との対戦は注目された。

 

1年生時から甲子園で活躍しているすでに貫禄十分の中田に対して、4タコに抑えたのを覚えている。

 

後は、汗臭さの全く感じない爽やかなイケメンだなと思った。

汗はハンカチで拭いてはいたがww。

 

その大会ではほぼ1人で投げて、決勝で後に楽天ヤンキース楽天で大活躍する駒大苫小牧の「マー君」こと田中将大との延長再試合の2試合を投げ合い、最後は田中を三振に打ち取って母校の早稲田実業は優勝した。

 

その後はすぐにプロに行くと思ったが、早稲田大学に進学しその後ドラフト1位で日ハムに入団。

 

最初の人気は凄く、球団としては集客が出来てグッズが売れて、残念ながらそこが一番の貢献になってしまった。

 

高校時代は140キロ中盤出ていた直球のスピードも、プロ入団時には130キロ台になっていて、元々華奢なのに肘や肩を酷使した代償があったかもしれない。

 

以前テレビで彼の特集をやっていて、「ハンカチ王子」と言われるのが大嫌いだと言っていた。当時のチームメイトも、本当は勝ち気で王子じゃないと言っていたのが印象に残っている。

 

後、田中マー君の話題になると「嫌な気持ちになるんですけど」と言っていた。当時ヤンキースで大活躍していたから、どうしても高校時代の因縁で比べられるし、意識してしまうのかなと思った。

 

色々な雑音の中、プロ野球生活お疲れさまでした。

 

まぁ~、頭は良い人だと思うので苦労したし、球団にはフロントやスタッフとして残してあげて欲しいです。

 

早実出身は王貞治は別格として、荒木大輔清宮幸太郎(まだ分からないか)などもそうだが、人気先行で終わってしまう選手が多い気がする。

 

投手の場合、高校時代の酷使も関係あるだろうが、勉強のできるお坊ちゃんタイプより(早実は勉強が出来ないと入学出来ないらしい)チョイ悪やヤンキータイプの方がプロ野球では大成するのかもしれない。